Pi:Co Classic3(移行中)

Pi:Co製作(マイクロマウス研修)Part24(宇野)

前回解説した方法で正確な距離で曲がる様に調整していくと

何故か壁に引っ掛かってまともに走らなくなってしまったので

急遽、逆の発想で曲がる関数だけで曲がるのを辞め

曲がる関数の距離をかなり減らし、以前通りその後にstraight関数を使い

それで距離を稼ぐ方法にしました。

曲がる関数のみよりも先の地点まで進む様にしているので

フラフラ走る場面が多くなりますが

何故かこうすると壁に引っ掛かる確率が前より格段に下がった上

ゴールも出来る様になりました。

16×16ゴールまで

絶対ではないにしろ、ゴールまで行ける様になったので、如何にこれから安定させるかですが

実はこのコース帰りにそのままゴールの先の方に探索に行きます。

そうなると、また先の道で詰まってしまうので

今度はそちらの対策も考えていかねばなりません

タイトルとURLをコピーしました