ESP-IDF

ESP32マウス(shota)

ESP32マウスPart.40 ESP32のアドレスマッピングを理解する

こんにちは、shotaです。 このシリーズではESP32を搭載したオリジナルマイクロマウスEspecialを製作します。 前回の記事ではESP-IDFのバージョンをv3.3から安定版のv4.0に移行する方法について書きました。 ...
マイクロマウス研修~お掃除マウス編~(岩本)

マイクロマウス研修 ~お掃除マウス編~ Part8 ジャイロしてみる。

こんにちは。岩本です。今週もマウスやっていきます。 今回はジャイロを使ってみたいと思います。 今回の追加購入部品 今回購入したジャイロはMPU9250/6500です。 参考サイト 今回参考にしたのは以下のサイトです。 ...
ESP32マウス(shota)

ESP32マウスPart.39 ESP-IDF v3.3 から v4.0 (stable) へ移行する

こんにちは、shotaです。 前回の記事ではモーショントラッキングセンサICM-20648とSPI通信するライブラリをC++で作成しました。 今回は内部フラッシュメモリを使ったファイルシステムについて書く予定でしたが、、、 その準...
ブログ(移行中)

マイクロマウス研修 ~お掃除マウス編~ Part7 PWMしてみる。

こんにちは。岩本です。今週もマウスやっていきます。 前回モーターも回りましたし、今回はPWMを使って回していきたいと思います。 前回使用したDRV8871搭載 DCモータードライバは、PWM制御でも使用できるものでしたので、使ってみ...
ESP32マウス(shota)

ESP32マウスPart.38 C++でESP32を動かす(ICM-20648のライブラリ作成)

前回の記事ではSPI機能を使ってモーショントラッキングセンサICM-20648と通信しました。ESP32のプログラムをC++でコーディングする方法も説明しています。今回はその続きで、C++でICM-20648のライブラリを作成します。と言っても加速度と角速度を受け取るための最低限の機能しか実装しません。
マイクロマウス研修~お掃除マウス編~(岩本)

マイクロマウス研修 ~お掃除マウス編~ Prat5 モーターを回してみる。

今回は、モーター回します。使用するモーターは、マウスでよく使用されるFaulharber 1717T006SR-6Vを使用します。
DCマウス研修(吸引編)(移行中)

マイクロマウス研修 ~お掃除マウス編~ Prat4 Lチカをやってみる。

こんにちは。岩本です。今週もマウスやっていきます。 今回は、プログラムの練習として、Lチカやってみようかと思います。 今回、参考にさせてもらったのは、shotaさんのブログ。プログラムに日本語解説入ってるので分かりやすかったです。(sh...
マイクロマウス研修~お掃除マウス編~(岩本)

マイクロマウス研修 ~お掃除マウス編~ Prat3

こんにちは。岩本です。今週もマウスやっていきます。 今週は、PlatformIOの環境を構築していきます。 前回無事にESP-IDFをインストールできましたので、自分でプログラムを作っていこうと思ったのですが、ESP-IDFそのまま...
ESP32マウス(shota)

ESP32マウスPart.37 C++でESP32を動かす(SPIでモーションセンサと通信する)

こんにちは、shotaです。 前回の記事ではSPI機能を使って磁気式エンコーダMA702と通信しました。 ESP32のSPI機能について詳しく説明しているので、まず先にこちらをご覧ください。 そして、今回も同じくSPI機能を使...
ESP32マウス(shota)

ESP32マウスPart.36 SPIで磁気式エンコーダMA702を使う

こんにちは、shotaです。 前回の記事ではMCPWMの周波数とデューティの関係を調査し、モータを回しました。 モータが回ったので、エンコーダで回転数を読み取りたいですよね。 今回はSPI機能を使ってエンコーダICのデータを読...
タイトルとURLをコピーしました