自作マウス

100日後に完走するマウス(倉澤ズズくん)

PCBの修正(KiCad7) – 100日後に完走するマウス【357日目】 Part.15

はじめに こんにちは、倉澤ズズくんです。前回はリフローではんだ付けをしました。 はんだ付けによって設計ミスの箇所が分かったところで、今回は以前作成したPCBの修正をします。というのも、現状の機体でも走りますが、現状1台しか走れる機体が残って...
100日後に完走するマウス(倉澤ズズくん)

リフローで基板をはんだ付け – 100日後に完走するマウス【336日目】 Part.14

基板をはんだ付け 前回発注して届いた基板に対してはんだ付けをします。 スルーホールにはんだ付けをする部品(DIP)では、はんだごてを使います。今回はそれに加え、基板の面に実装する部品(SMD)をはんだ付けするためにリフローという手法を用いま...
100日後に完走するマウス(倉澤ズズくん)

PCBgogoに基板発注(KiCad7) – 100日後に完走するマウス【332日目】 Part.13

基板発注 前回作ったプリント基板(PCB)のデータを加工し、PCBgogoに発注します。 ガーバーファイル(プリント基板データ)作成 ガーバーファイルとは、プリント基板(PCB)の製造に使用されるファイルフォーマットです。 基板製造サービス...
100日後に完走するマウス(倉澤ズズくん)

KiCadで基板作成(PCB作成) – 100日後に完走するマウス【325日目】 Part.12

はじめに 今回は、実際の基板を製作します。板マウスなので、前回制作した車体外形をそのまま基板の外形として取り込みます。 KiCad7で基板データ(ガーバーデータ)を作成し、そのデータを基に基板の発注を行います。 部品とフットプリントの紐付け...
100日後に完走するマウス(倉澤ズズくん)

機体設計 – 100日後に完走するマウス【307日目】 Part.11

はじめに お久しぶりです。倉澤ズズくんです。前回の回路設計に続き、今回は機体の設計をします。既に機体の実物が手元にあるため、完成後の画像も交えつつ解説していきます。 車体外形の決定 今回は板マウスなので、基板自体が車体になります。 縦横幅の...
加藤の自作マイクロマウス研修

基板の配線から発注まで – 加藤の自作マイクロマウス研修 Part. 5

こんにちは、アールティの加藤です。 本連載ではオリジナルのマイクロマウスを製作する研修(自作マイクロマウス研修)について書いていきます。前回の記事ではAutodesk Fusionを使用して基板外形やモータマウントなどの機体設計を行いました...
100日後に完走するマウス(倉澤ズズくん)

KiCAD7で回路図の作成 – 100日後に完走するマウス【286日目】 Part.10

はじめに こんにちは、倉澤ズズくんです。前回は、IMUについて書きました。今回は、作成した全体の回路図について触れます。回路図は各モジュール(距離センサやIMUといった機能)ごとに階層(ページ)を作成しています。今まで実験してきた回路も組み...
100日後に完走するマウス(倉澤ズズくん)

IMU(ジャイロ・加速度センサ)との通信(ICM-42688-P) – 100日後に完走するマウス【283日目】 Part.9

はじめに お久しぶりです。倉澤ズズくんです。 前回は距離センサについて扱いました。今回はIMUについて触れます。センサ類の実験としては最後になります。 IMUの概要 IMUとは、慣性センサのユニットです。 角速度(回転角の速度)を計測するジ...
加藤の自作マイクロマウス研修

基板外形とモータマウントの設計 – 加藤の自作マイクロマウス研修 Part. 4

こんにちは、アールティの加藤です。 本連載ではオリジナルのマイクロマウスを製作する研修(自作マイクロマウス研修)について書いていきます。前回の記事ではKiCadを使用して回路図を作成しました。今回はAutodesk Fusionを使用して基...
100日後に完走するマウス(倉澤ズズくん)

距離センサの構成と検証(SFH4550+ST-1KL3A) – 100日後に完走するマウス【263日目】 Part.8

はじめに 倉澤ズズくんです。前回は全日本大会についてお話しました。今回は距離センサです。 マイクロマウスでは走行する際に壁の認識がマストです。壁の有無による迷路のマッピングや壁との機体と距離を利用して走行する位置を制御します。その際に用いる...