マイクロマウス

100日後に完走するマウス(倉澤ズズくん)

KiCadで基板作成(PCB作成) – 100日後に完走するマウス【325日目】 Part.12

はじめに 今回は、実際の基板を製作します。板マウスなので、前回制作した車体外形をそのまま基板の外形として取り込みます。 KiCad7で基板データ(ガーバーデータ)を作成し、そのデータを基に基板の発注を行います。 部品とフットプリ...
マイクロマウスPi:Co改造研修(河野)

DCモータ化の詳細(ソフトウェア)- マイクロマウスPi:Co改造研修(河野)Part8

はじめに こんにちは、河野です。 前回はPi:Co Classic3をDCモータ化した際の回路とメカの変更点を書きました。 今回はソフトウェアの変更点についてまとめます。 ソフトウェアの変更点 マイコンは変わらずRX631を使用している...
100日後に完走するマウス(倉澤ズズくん)

機体設計 – 100日後に完走するマウス【307日目】 Part.11

はじめに お久しぶりです。倉澤ズズくんです。前回の回路設計に続き、今回は機体の設計をします。既に機体の実物が手元にあるため、完成後の画像も交えつつ解説していきます。 車体外形の決定 今回は板マウスなので、基板自体が車体になります...
加藤の自作マイクロマウス研修

基板の配線から発注まで – 加藤の自作マイクロマウス研修 Part. 5

こんにちは、アールティの加藤です。 本連載ではオリジナルのマイクロマウスを製作する研修(自作マイクロマウス研修)について書いていきます。前回の記事ではAutodesk Fusionを使用して基板外形やモータマウントなどの機体設計を行いまし...
100日後に完走するマウス(倉澤ズズくん)

KiCAD7で回路図の作成 – 100日後に完走するマウス【286日目】 Part.10

はじめに こんにちは、倉澤ズズくんです。前回は、IMUについて書きました。今回は、作成した全体の回路図について触れます。回路図は各モジュール(距離センサやIMUといった機能)ごとに階層(ページ)を作成しています。今まで実験してきた回路も組...
100日後に完走するマウス(倉澤ズズくん)

IMU(ジャイロ・加速度センサ)との通信(ICM-42688-P) – 100日後に完走するマウス【283日目】 Part.9

はじめに お久しぶりです。倉澤ズズくんです。 前回は距離センサについて扱いました。今回はIMUについて触れます。センサ類の実験としては最後になります。 IMUの概要 IMUとは、慣性センサのユニットです。 角速度(回転角の速度)...
マイクロマウスPi:Co改造研修(河野)

DCモータ化の詳細(回路・メカ) – マイクロマウスPi:Co改造研修(河野)Part7

はじめに 前回の記事で機体の変更点などを簡単に書きましたが、今回はその変更点についての詳細を書きます。 Pi:CoのDCモータ化について 突然、Pi:CoをDCモータ化していましたがその目的についてです。 ステッピングモータは指令値を与え...
Pi:Co V2 体験記

刮目せよ!新製品Pi:Co V2 その4 押しまくれ!スイッチ!

いつでもhello world こんにちは、広報DTP担当のサナエです。 このブログは技術畑ではない広報がアールティの新製品Pi:Co V2と仲良くなり、その魅力をアピールする体験記です。今回も前回のLチカの喜びをかみしめつつ頑張ります。 ...
加藤の自作マイクロマウス研修

基板外形とモータマウントの設計 – 加藤の自作マイクロマウス研修 Part. 4

こんにちは、アールティの加藤です。 本連載ではオリジナルのマイクロマウスを製作する研修(自作マイクロマウス研修)について書いていきます。前回の記事ではKiCadを使用して回路図を作成しました。今回はAutodesk Fusionを使用して...
100日後に完走するマウス(倉澤ズズくん)

距離センサの構成と検証(SFH4550+ST-1KL3A) – 100日後に完走するマウス【263日目】 Part.8

はじめに 倉澤ズズくんです。前回は全日本大会についてお話しました。今回は距離センサです。 マイクロマウスでは走行する際に壁の認識がマストです。壁の有無による迷路のマッピングや壁との機体と距離を利用して走行する位置を制御します。そ...