ブログ製品化研修スタックチャン製品化研修

ChatGPTとスタックチャンで「おしゃべりロボット」作ってみた(前半) – スタックチャン製品化研修 Part.6

ブログ

ししかわです。

オープンソースのコミュニケーションロボット「スタックチャン」の製品化プロジェクトを社内研修の一環として進めています。

スタックチャン製品化研修を始めます
ししかわです。 久しぶりのブログ投稿となります。 「二足ロボ研修」の前回投稿からかなり間が空いてしまいましたが、 実はこれまでの間に、別のプロジェクトを始めるための準備をしていました。 今回はそのお披露目となります! アールティ秘...

巷で大流行中の「ChatGPT」とスタックチャンコミュニティについて紹介します。

ChatGPTの衝撃とスタックチャン

2022年11月に公開された汎用AIチャットボット「ChatGPT」は世界に衝撃を与えました。幅広いタスクに自然な受け答えで回答できることから注目を集め、APIが公開されると次々に既存の製品やサービスに組み込まれたり、新しいプロジェクトが発表されたりしています。新情報を追うだけでも大変な状況です。

スタックチャンは基板や外装データ、ソースコードが全て公開されており、誰でも自由に改変できます。そんなオープンなスタックチャンのコミュニティとChatGPTが化学反応を起こしつつあります。

きっかけはスタックチャンコミュニティの一員であるロボ(@robo8080)さん。ChatGPT API公開直後に、いち早くAPIを使ったデモを作成、公開しました。

https://twitter.com/robo8080/status/1631224076005179393?s=20

このツイートがバズったのをきっかけに、スタックチャンが爆発的に広まりました!公開からたった数週間で、実に100名を超えるユーザがスタックチャンの開発を始めていて、新しい作例が次々と生まれています。

(Almost) Monthly Stack-chan community: March '23 / (ほぼ)月刊スタックチャンコミュニティ 2023年3月 · meganetaaan stack-chan · Discussion #147
毎月スタックチャンコミュニティのアップデート情報を GitHub Discussion で残すことにしました。 ChatGPT と連携した「おしゃべりスタックチャン」のツイートをきっかけに、スタックチャンが急速に広まっています! ChatGPT 連携 きっかけとなった robo8080 さんの作例 これ以前にも sir...

さらにはOpenAIの日本担当のシェイン・グウ氏も反応するなど、ますます盛り上がりを見せています。

個人でスタックチャンキットを頒布されているタカオ @mongonta555 さんの元にも国内外から問い合わせが殺到し、生産が追いつかない状況とのことです。

全世界に数千台のスタックチャンを広めたい→キット化進行中!

私が進めているスタックチャンのキット化も、この需要拡大を受けて急ピッチで進めているところです。近日中にキットの詳細を公開予定です。

ChatGPT開発元であるOpenAIのCEO サム・アルトマン氏は「日本で100万人を超えるユーザがChatGPTを利用している」と、語っています。

OpenAIのアルトマンCEO、「日本のChatGPTユーザーは100万人超」
4月10日に来日した、ChatGPT開発元である米OpenAIのサム・アルトマンCEOは、自民党本部での会合冒頭に挨拶し、日本で100万人を超えるユーザーがChatGPTを利用していると語った。

スタックチャンキットも数千台規模の販売、ゆくゆくは全世界に100万台の普及を目指して開発を続けます。こうご期待!

「人とお話するロボット」を目指して

私としても「人とお話するロボット」はまさにスタックチャンを通じて実現したかったことです。

何もしなくてもカワイイスタックチャンですが、スタックチャンがユーザの相談に乗ったり、褒めたり励ましてくれたり、スタックチャン同士でワチャワチャコミュニケーションを取るような未来を夢見て開発を進めてきました。

対話管理を本格的に組み込むのは1~2年先になると考えていたのですが、ChatGPTの登場によって「一足飛びで未来がやってきた!」という驚きを感じています。ということで「人とお話するロボット」を実現するべく、私もChatGPT連携機能を実装して試してみました!

前置きが長くなったので後半に続きます。

ChatGPTとスタックチャンで「おしゃべりロボット」作ってみた(後半) - スタックチャン製品化研修 Part.7
ししかわです。 オープンソースのコミュニケーションロボット「スタックチャン」の製品化プロジェクトを社内研修の一環として進めています。 巷で大流行中の「ChatGPT」とスタックチャンを連携させて「おしゃべりロボット」を作りました。 ...
タイトルとURLをコピーしました