ブログ

ChatGPTとスタックチャンで「おしゃべりロボット」作ってみた(前半) – スタックチャン製品化研修 Part.6

ししかわです。 オープンソースのコミュニケーションロボット「スタックチャン」の製品化プロジェクトを社内研修の一環として進めています。 巷で大流行中の「ChatGPT」とスタックチャンコミュニティについて紹介します。 ChatGPTの...
ブログ

ChatGPTとスタックチャンで「おしゃべりロボット」作ってみた(後半) – スタックチャン製品化研修 Part.7

ししかわです。 オープンソースのコミュニケーションロボット「スタックチャン」の製品化プロジェクトを社内研修の一環として進めています。 巷で大流行中の「ChatGPT」とスタックチャンを連携させて「おしゃべりロボット」を作りました。 ...
HAC入門編

HACフィールドでのテスト走行:HAC入門編 Part.8

前回の記事では、RaspberryPiを搭載したロボットに向けた簡易的な開発環境構築について解説しました。今回の記事ではGitHubとの連携について導入する予定でしたが、一旦本題であるHACに戻り、今回行ったテスト走行について動画と共に説明...
技術情報・開発日誌

CRANE-X7 ROS 2パッケージに点群処理サンプルが追加されました

鍬形です。 アールティが販売するアームロボットCRANE-X7のROS 2パッケージに点群処理のサンプルプログラムを追加しました。RGBDカメラで取得した点群から物体を検出し、掴んで移動させることができます。本記事ではサンプルの詳細や実際...
ブログ

二足歩行ロボット研修(kora編)[31] librealsense2のバイナリパッケージについて

こんにちは。kora です。 以前、時間をかけて Raspberry Pi 上で ROS 2 Humble 向けの RealSense 環境を構築しましたが、今ではありがたいことにビルド済みのパッケージがリリースされています。ですが、利用...
技術情報・開発日誌

CRANE-X7 ROS 2パッケージのHumble対応とカメラサンプル追加のお知らせ

鍬形です。 アールティが販売するアームロボットCRANE-X7のROS 2パッケージを更新しました。新しいROS 2ディストリビューションであるHumbleへの対応に加え、手先カメラを使用したマーカ認識とピックアンドプレースを行うサンプル...
HAC入門編

Raspberry Piを使ったロボットのための開発環境構築: HAC入門編 Part.7

前回の記事までで、HAC用に近藤科学社製KXR-L2の改造を行ってきました。今回から、実際にこのロボットのためにコードを書いて動かしていき...たいところですが、まずはロボットに搭載されたRaspberry Piとお使いのメインPCに開発の...
製品化研修

ヒーローズリーグ スタックチャン賞の舞台裏 -スタックチャン製品化研修 Part.5

お久しぶりです!メイカーフェア以来の研修ブログです。 今回は、ヒーローズリーグ2022「スタックチャン賞」発表の舞台裏をご紹介します。 ヒーローズ・リーグ、スタックチャン賞とは ヒーローズ・リーグは以下のような開発コンテストです。 「つくる...
HAC入門編

HAC用拡張自律化モジュールの配線:HAC入門編 Part.6

前回の記事では、3Dプリントした拡張ユニットの組み立てを行いました。今回の記事では、その内部に搭載するRaspberry Pi拡張基板の製作と、ロボット全体の配線を行っていきます。 DCDCの搭載 KXR-L2に使用されている制御基板RCB...
HAC入門編

HAC用拡張自律化モジュールの組み立て:HAC入門編 Part.5

前回の記事では、HAC用拡張モジュールの全容を公開しました。今回からは、その詳細な製作方法を書いていきます。 拡張モジュールの3Dデータはこちらに公開しています。Readmeには印刷方法などの詳細を記していますので製作前にご確認ください。...