1. HOME
  2. 事業案内
  3. 教育事業
  4. 他社製品取り扱い
  5. 自律移動ロボット カチャカプロ

教育事業

Road to AI & Robotics

他社製品取り扱い

自律移動ロボット カチャカプロ

Preferred Robotics社が開発・製造する家庭用自律移動ロボット「カチャカ」をお取り扱いしています。
従来のカチャカに加え、業務ユースに特化した法人向けの「カチャカプロ」、および専用の「カチャカボタン」についても取り扱いを開始しました。

アールティでは、販売のほか、カチャカAPIを使ったプログラミングに関する有料サポートや、カチャカを使ったアプリケーションを開発したい企業に向けた受託開発も承ります。

カチャカとは?

カチャカの概要、従来のカチャカについてはこちらをご覧ください。

家庭用自律移動ロボット カチャカ

カチャカプロ 概要

業務ユースに特化したAMR(自律搬送ロボット)

専用のシェルフとドッキングし、必要なものを必要な場所に運ぶ業務ユース特化型の自律搬送ロボットです。

専用家具※とドッキングし、家具を牽引する形で家具上に積載したものを搬送することができます。コンパクトなサイズで室内でも動きやすく最小55cm幅の通路を走行できます。
※カチャカシェルフ・カチャカベースを指しています。専用家具のカスタマイズも相談可。

スマホとWi-Fi環境があれば、専用アプリを用いて届いたその日から動かすことが出来ます。

家庭用カチャカとの主な違い

最大牽引重量 30kg

家庭用カチャカは最大牽引重量が20kgでしたが、カチャカプロでは30kgになりました。
※フローリングを走行時、専用家具の重量をを含む

BGM/ブザー音機能搭載

BGMを流しながら移動ができ、人が多い環境でも周囲に注意喚起しながら稼働します。

地図のインポート・エクスポート機能

作成済みのマップ情報(棚や目的地点も含む)を、他のカチャカに読み込ませることができます。複数台のカチャカを所有する方に便利な機能です。

カチャカボタン連携

Bluetooth通信でカチャカプロを操作できるデバイスです。
離れた場所からボタンを押すだけで、指定の操作の運搬指示を出すことができます(最大3種類のアクションを設定可能)。
※カチャカボタンのご利用には、別途Wi-Fi接続用ハブが必要です。
※従来のカチャカと同様、スマホアプリや音声指示でもスムーズに操作が可能です。

研究開発用途としてのカチャカ

カチャカは比較的狭い隙間も通れるコンパクトなサイズ感とデザインで室内を動きやすく、カチャカプロはペイロードが30kgあり(シェルフの重量も含む)、開発機としての活用にも適しています。
複数のセンサが搭載され、目的地を指定すれば周辺状況に合わせてルートを柔軟に変更し自律移動する機能が備わっているため、開発を始めやすくなっています。
さらに、2023年8月14日のソフトウェアアップデートで遠隔操作機能が追加され、これまで同一のWi-Fiネットワーク内でのみ指示出しが可能だったカチャカを外出先などから操作できるようになり、利便性が向上しています。

ドッキングできる専用家具のカチャカシェルフはサイズ・形状※ともに複数のラインアップがあり、電源不要で管理もしやすいため、家具としての利便性はもちろん、複数の棚を動かす物流拠点を想定した開発など、使用者のニーズに幅広く対応できるポテンシャルがあります。
※段数やカバーの有無を指す

市販の家具などを上に搭載できるカチャカベースは、最小幅550mmの通路を走行できるほどコンパクトです。
天板にDIY用の穴あけ加工が施されており、研究開発内容に合わせて棚やボックスを搭載するなど、さらに開発の幅を広げることができます。

カチャカAPI

2023年8月14日にはカチャカAPI(Application Programming Interface)が公開されました。
開発者は、カチャカ本体の内部に設けられたサンドボックス(他のプログラムに影響を与えることなく使える開発環境)に自作のプログラムをインストールし、移動、発話、家具とのドッキングや解除などの指示を出すことや、繰り返しの動きを自動で行わせることができるようになりました。
JupyterLab、Python、ROS 2のサンプルコードも用意されています。
詳細:カチャカサポートサイト-カチャカAPI
カチャカAPI GitHub:https://github.com/pf-robotics/kachaka-api

アールティの開発事例

展示会の会場などでカチャカを使ったデモを実施しています。
ブログにてデモの解説や使用したプログラムの紹介を行っています。

「ROS 2でカチャカをうごかしてみた」
※ROS 2だけでなく、カチャカ本体内で動作するJupyterLabを活用した事例もございます。

公費・校費や研究予算での購入をサポート!

大学や高専などアカデミック向けのロボット開発、販売事業を展開し、15年以上にわたるノウハウを持つアールティが販売店となることで、公費・校費や研究予算での購入をサポートします。
お見積りや購入方法など、お気軽にご相談ください。

その他サポート

アールティ経由での購入者に限らず、カチャカAPIを使ったプログラミングに関する有料サポートも承ります。
また、カチャカを使ったアプリケーションを開発したい企業に向けて、受託開発も承ります。アールティのオフィス(秋葉原)で家庭用カチャカ実機の見学も可能です(要予約)。
※カチャカプロは見学できません
詳細はページ下のフォームよりお問い合わせください。

仕様・価格

仕様

価格

カチャカプロ本体:オープン価格
カチャカボタン:オープン価格

カチャカシェルフ3段:29,800円(税込)
カチャカシェルフ2段:23,800円(税込)
カバーパネル3段:18,800円(税込)
カバーパネル2段:14,800円(税込)
カチャカベース:12,800円(税込)
※専用家具のカスタマイズも相談可。

※アールティでは公費・校費払いも承ります。

お問い合わせ

    お問い合わせ内容にチェックを入れてください(複数選択可)*

    *つきの項目は入力必須です。

    お預かりするお客様の個人情報は、アールティのプライバシーポリシー(個人情報保護方針)に基づいて管理されます。
    ただし、カチャカに関するお問い合わせに関しては、内容により、Preferred Robotics社と情報を共有することがございます。予めご了承ください。