1. HOME
  2. 事業案内
  3. 食品工場向けロボット事業
  4. Foodly
  5. 人型協働ロボットFoodly

食品工場向けロボット事業

Work with Robot

Foodly

人型協働ロボットFoodly

人手不足の救世主!食品工場で人の隣に並んで盛り付け作業ができる人型協働ロボット

人型協働ロボットFoodly(フードリー)

Foodly は小柄な成人サイズの双腕人型ロボットです。アールティが自社開発、自社生産しています。
ディープラーニングを活用した AI Vision Systemにより、ばら積みされた食材をひとつひとつ認識してピッキングし、弁当箱・トレイへ盛り付けするまでの作業を1台で完結させます。
人と同じベルトコンベアラインで隣り合って安全に作業が可能です。

食品製造工程の中でも特に盛り付け工程は、対象物体の認識や作業の複雑さから自動化が非常に難しいと言われ、現状は人手に頼ることが多く、早急な効率化が求められている領域です。
Foodly の実用化によってその領域がサポートされ、生産性向上の一助になる可能性が拓けます。
また、人手をロボットに置き換えることで、生物由来の髪の毛やまつ毛などの異物混入や、人を介してのウイルス・微生物の持ち込みを抑え、衛生管理の向上に繋げることができます。
今注目されているソーシャルディスタンシングや、COVID-19の感染拡大防止にも貢献できます。

人型協働ロボットFoodly(フードリー)

人型協働ロボットFoodlyの特長

- AI Vision System -

AI Vision System

容器や食材を見分けるAIロボットビジョン
照明条件の変化にも対応

※事前に食材や容器の学習は必要となります。

-AI aided Safety Motion-

AI aided Safety Motion

人と接触しても安心なやわらかい制御
挟みこみ防止の構造

- Compact and Clean Body -

Compact and Clean Body

ネジの無いコンパクトなボディ
異物混入対策済

- Intelligent Hand -

Intelligent Hand

食材に合わせて優しくつかむハンド
交換可能で衛生的

- Teachless Robot -

AI がロボット動作を自動で計画
ティーチングレス
わかりやすい操作パネル

- Flexible Layout -

Flexible Layout

コンパクトで移動らくらく
キャスター付き
AC100V/バッテリーに対応

業界初!ばら積みの不定形物取り出し機能

番重(食品コンテナ)にばらばらで積まれた食材が小さな個体の集合体であることを認識し、そのひとつを取り出して容器に盛り付けます。
から揚げのようにひとつひとつの形が異なる不揃いの個体でも認識が可能です。
この機能は食品業界では初となる技術※ で、Google社のフレームワークTensorFlowを活用したディープラーニング(深層学習)により実現しています(特許出願中)。
※食品業界における、不定形物のばら積み取り出し機能として(当社調べ)

業界初!ばら積みの不定形物取り出し機能
業界初!ばら積みの不定形物取り出し機能

AIがフルサポート ティーチングレスを実現!

食材や容器の認識、ピッキング動作を AI がフルサポートします。
現場での操作はモニタを使って食材や容器を選択し、スタートボタンを押すだけ。
ロボット用の照明条件の設定やティーチングも必要ありません。
※事前に食材・容器の学習をアールティが行います。

AIがフルサポート ティーチングレスを実現!

安全に、安⼼して協働できる

人と隣同士で作業することを前提に開発しています。
身長約150cm、肩幅約40cmと、小柄な成人サイズを参考に設計し、弁当盛り付けラインに人と隣り合わせで並んでも圧迫感のないコンパクトなデザインを採用しました。
また、一緒に働く人に恐怖や危険を与えないよう人の動きに合わせた適度な作業速度を有しています。人とぶつかっても衝撃を少なくするため、各モーター部にトルクと位置のハイブリッド制御を取り入れています。
さらに頭部には状態が一目でわかる表示灯を装備し、腕部の可動域には人の指や手が挟まりにくい設計を施すなど、人に優しい対策を数多く取り入れています。

安全に、安⼼して協働できる
安全に、安⼼して協働できる

簡単に配置&移動可能な設計

昨今、顧客のニーズに合わせて多品種少量⽣産による多彩なメニューの弁当が作られています。
弁当⼯場では同じラインで1時間に何種類も作ることがあり、その度におかずの種類や盛り付ける順番、盛り付け位置などを変える必要があります。
このような現場の実情を踏まえ、ロボットを簡単に移動させることが出来るよう下部にキャスターを採用しています。
また、動力はAC100V電源に加え、長時間の作業が可能な充電式のバッテリーを装備しています。そのため、⼤掛かりな設置環境整備や電源工事は不要です。
工場の稼働の大幅停止や大規模な予算組みをせずとも、出来るところから人手不足対応、衛生対策を進めていくことができます。

簡単に配置&移動可能な設計

Foodly2020パンフレット

マンガでわかるFoodly-かんたん導入編-

こちら、もしくは画像をクリックするとPDFが開きます。
ご送付も承っております。お問い合わせください。

Foodly2020パンフレット
Foodly2020パンフレット

私たちと一緒に、人とロボットがともに働く未来の食品工場を創りませんか?

標準構成モデル 2021年初頭発売予定

1台に複数の食材・容器を登録し、様々なラインに対応可能。
ピッキング可能な食材は、からあげ、ミニトマト、いなり、肉団子、ハンバーグなど10種類以上!
食材によって盛付速度700~800食/時間、成功率80~95%まで達成!
食材テストや導入試験、お客様の条件に合わせたカスタマイズも承ります。
ご興味のある方はページ下部の専用フォームよりお問い合わせください。

標準構成モデル 2021年初頭発売予定

導入・採用実績

2020年11月現在、全国各地の様々な弁当惣菜メーカー、食品メーカーなどからお声がけをいただき、食材テストや導入試験を進めています。
業務提携や、国家プロジェクトへの参画も進行中です。
詳しくは導入・採用実績の紹介ページをご覧ください。

よくある質問

Q:Foodlyはどこの国の、どのメーカーのものですか?
A:ロボットもソフトも国産です。すべてアールティで自社設計、自社開発、自社生産をしております。自社開発ですので、カスタマイズもお受けしております。

Q:標準構成モデルとは?
A:から揚げ、ミニトマトなど、アールティが事前に選出した食材を盛付するモデルです。トングの形状などが決まっています。それ以外の食材を掴む場合は、トング開発費などのカスタマイズ料金を別途頂戴しております。

Q:なぜ人型なのですか?
A:人が隣で安心して働けるよう、親しみやすく違和感のない人型でデザインしました。カメラの位置や制御などの技術面でも理に適うデザインとなっています。

Q:自分の工場にすぐ導入できますか?
A:工場見学や食材の確認などをさせていただき、お客様の持つライン上で運用可能かお調べします。導入試験も承っておりますのでお問い合わせください。

お問い合わせ

必要事項をご記入の上、ご送信ください。

    ご入力頂いたメールアドレスに最新の情報をお送りしてもよろしいですか?*
    はいいいえ

    お弁当工場の盛り付けラインをお持ちですか? *
    はいいいえ

    盛り付けはベルトコンベア作業ですか? *
    はいいいえ

    テストラインがありますか? *
    はいいいえ

    *つきの項目は入力必須です。