1. HOME
  2. 事業案内
  3. 教育事業
  4. エンジニア育成
  5. ロボット実機と動画で学ぶ「プロロボ道 E-learning」

教育事業

Road to AI & Robotics

エンジニア育成

ロボット実機と動画で学ぶ「プロロボ道 E-learning」

プロフェッショナルロボットエンジニアへの道
-Road to Professional Robotics Engineer-

アールティでは「プロフェッショナルロボットエンジニアを育てる」ということを企業理念の1つとしています。
プロフェッショナルロボットエンジニアとは、ロボット開発に関わる技術すべてに精通し、1人でロボットの設計・開発・制御ができる人材のことを指します。
アールティ社内でも、マルチな活躍をするエンジニアを数多く育成しています。

「幅広い技術を持った人材を育てたい。でも社内に教えられる人がいない。教える時間がない。」
そんなお悩みをお抱えの方へ、現役エンジニアによるE-learning動画をご紹介します。

  • ネット環境があればどこでも見られる
  • 全編字幕付き! 巻き戻し、繰り返しでじっくり学べる
  • 厚生労働省が2020年5月に発表した「新しい生活様式」にも適応

企業の新人研修、リカレント教育、研究室での最初の技術指導に、E-learning動画を取り入れてみませんか?

2020年10月6日(火)にシリーズ第1弾の入門パックを発売予定!

その他動画も鋭意製作中です。

第1弾 Raspberry Pi Mouse V3 講習動画

 

アールティの人気製品である車輪型ロボット「Raspberry Pi Mouse V3」を教材に採用し、基礎から応用まで対応した体験型の講習動画です。
Raspberry Pi Mouse V3と開発用の周辺機器があればすぐに受講可能。ロボットの組み立ては必要ありません。
使用する大半のソフトウェアはOSS(オープンソースソフトウェア)なため、動画で得た知識は改造や他の試作機を作る際に活用することができます。
Raspberry Pi Mouse V3のセットアップから、ROSを活用した様々な拡張方法まで、レベル別にご用意しています。詳しい内容については各動画の概要をご覧ください。

このような方におすすめです

  • Raspberry PiやROSの導入方法が知りたい
  • Raspberry Pi Mouse V3を購入したor購入したいが、動かし方が分からない
  • ロボットの基礎について、実機を動かしながら学びたい
  • 新人に開発環境構築やROSの基礎を教えたいが、社内に教える人がいない、教える時間がない

 

パッケージ・発売予定

最新情報はSNS(TwitterFB)やメールで配信しています。
メールの受け取り登録はページ下部のお問い合わせからお願いします。

パッケージ 内容 発売予定
【基礎】
Raspberry Pi Mouse V3入門パック

Level1~Level2まで
起動からサンプルプログラムによるLEDやモータ、センサの制御などを解説
2020年10月6日(火)発売
10,000円(税別)/1名
【応用】
ROS入門・ロボット拡張パック(仮)
Level3~Level4まで
UbuntuとROSを導入する
ラズパイマウスを拡張する
オリジナルの拡張パーツを設計製作する
鋭意制作中
【基礎~応用】
Raspberry Pi Mouse V3コンプリートパック(仮)
Level1~level4まで全て 鋭意制作中

価格

受講者1名につき10,000円(税別)~
※パッケージに応じて価格が変わります。
※アカデミック価格をご用意しております。詳しくはお問合せください。

サポート

動画の内容についての質問を受け付けます。※有料チケット制

 

各動画の概要

動画 内容 時間
Level1 01 Raspberry Pi Mouse V3のセットアップ、動作確認 約16分
02 遠隔制御とサンプルプログラムの実演 約10分
Level2 01 Step1(LEDの点滅)をC言語、Python、シェルスクリプトの3言語で解説 約12分
02 Step2(ブザー鳴動)の実演とC言語での解説 ※以降Step6までC言語のみ 約6分
03 Step3(スイッチ)の実演と解説 約8分
04 Step4(モータ動作)の実演と解説 約5分
05 Step5(光センサの値読み取り)の実演と解説 約7分
06 Step6(モータに送られるパルス数カウント)の実演と解説 約12分
—以下制作予定—
Level3 01 UbuntuOSをラズパイマウスに書き込む  
02 ラズパイマウスにROSをインストール、動作確認  
03 USBカメラのマウント設置と動作確認  
04 USBカメラで顔認識、その結果によるラズパイマウスの制御  
05 LiDARマウントで測域センサを実装  
Level4 自分で使いたいセンサなどをラズパイマウスに実装する方法

 

受講に必要なもの

  • Raspberry Pi Mouse V3 フルキット
  • E-learning動画を視聴するデバイス(開発用PCで見てもOK)
  • Ubuntu18.04がインストールされている開発用PC
  • ディスプレイ (HDMIに対応)
  • HDMIケーブル
  • USBマウスとキーボード
  • プラスドライバー (#1)
  • Wi-Fi環境(LANケーブルでも代用可)
  • LANケーブル(Level3以降で使用)
  • 各オプションとマウント(Level3以降で使用)

 

教材紹介

Raspberry Pi Mouse V3
Raspberry Pi Mouse V3

・人工知能や移動ロボット制御の学習に最適な左右独立二輪方式の小型移動プラットフォームロボット
・約10cmx10cmx10cm
・メインボードにRaspberry Piを使用
・教科書やサンプルソフトがあるためROS学習にも最適
・オプションキットなどで様々な拡張が可能
製品ページで詳細を見る
ショップで購入(フルキットRaspberry Piなし

オプションキット No. 4 [Webカメラマウント]

Raspberry Pi Mouseの前方にUSB接続のWebカメラ等を取り付けられるようにするためのフレームセット
※Webカメラは別売
ショップでの購入はこちら

オプションキット No. 8 [マルチLiDARマウント]

Raspberry Pi Mouseに各社が提供しているLiDARを取り付けるためのマウントパーツ
※LiDARは別売
ショップでの購入はこちら

GitHub Logotype
GitHubでサンプルプログラムを公開します

2020年9月公開予定

 

関連製品など

Raspberry Pi Mouse オプションキット No.2 [URGマウント]
オプションキット No. 2 [URGマウント]

Raspberry Pi Mouseの上部の北陽電機製測域センサURG-04LX-UG01を取り付けられるようにするためのフレームセット
※センサは別売
ショップでの購入はこちら

オプションキット No. 3 [ライントレース]

Raspberry Pi Mouseでライントレースをするためのセンサ交換パーツです
ショップでの購入はこちら

Raspberry Pi Mouse オプションキット No.7 [Raspberry Pi4用コネクタ]
オプションキット No. 7 [Raspberry Pi4用コネクタ]

Raspberry Pi Mouse V3にRaspberry Pi4を搭載するためのコネクタ
ショップでの購入はこちら

移動型ロボットブログ 特別連載

「ラズパイマウスでROS2動かしてみた」

 

講師紹介

小笹 周平(しゅーへー)

<出身研究室>
・明治大学理工学部機械工学科 ロボット工学研究室
・千葉工業大学工学研究科未来ロボティクス専攻 ロボット設計・制御研究室
<その他>
・Pennsylvania State University, Networked Robotic Systems Laboratoryに1年間留学
・イリノイ州シカゴでFirst Lego Leagueに参加
・明治大学でABU Asia-Pacific Robot Contestに参加
・明治大学でつくばチャレンジ2017に参加
・千葉工業大学でつくばチャレンジ2018、2019に参加

 

ご購入までの流れ

ご購入パッケージ、人数に応じてお見積りいたします。※お見積りまで無料
動画はオンライン上でご視聴できます。お持ちのパソコン、タブレット、スマートフォンなどでご覧ください。
ご購入後に視聴ページへのアクセス方法をご案内いたします。

お問合せ

下記フォームに必要事項を入力し、ご送信ください。

*つきの項目は入力必須です。

個人情報の取り扱いについて

お預かりするお客様の個人情報は、弊社『個人情報保護方針』に基いて厳重に管理し、お客様の同意がない限りお問い合わせ・ご相談への対応以外には使用いたしません。
なお、この目的のためにお問い合わせの記録を残すことがあります。